松尾さん編

●あなたとこのまちの関わりについて教えて下さい。

「信楽焼」を製造するということを仕事としてますので、まちと仕事の関わりが深いと思います。信楽焼の歴史や伝統を大切にして仕事をしています。

 

●このまちの好きなところを教えて下さい。

人があたたかいところです。いつでも親身で熱く一生懸命に何でも取り組む人達がいっぱいいるところです。

 

●このまちのおすすめスポットを教えて下さい。

信楽の歴史や自然を感じられるスポット、山や水が綺麗で四季を感じられる空気がいたるところにあります。

 

●あなたと水口青年会議所との関わりを教えて下さい。

約4年間お世話になり、2014年に卒業をしました。

 

●水口青年会議所の魅力を教えて下さい。

たくさんの人と繋がりを持てるところです。普段仕事しているだけでは関われない人や地域以外、海外まで幅広く色々な人に出会えることが出来ます。その出会いの中で自分に必要なヒントを見つけたり新しい発見を出来ます。あと、やはり40歳までという期限があるからこそ出来ることがたくさんあります。青年会議所はチャンスと勢いがたくさんある所だと思います。

 

●あなたの伝えたいことを最後に教えて下さい。

40歳までの経験をたくさん積むことによってその先の生き方や考え方も変わってくると思います。その時は時間のかかることや大変な思いをするかもしれませんが、あとになって考えたら無駄な時間ではなくて役に立つこともたくさんあります。そんな一つひとつの積み重ねが、自分の仕事や生活の意識を変えていったりそれがまちづくりに繋がったりします。一人ひとりの意識が少しずつ変わればまちの未来もきっと変わってくると思います。

 

☆今回のインタビューでは、松尾さんの普段から仕事でも歴史や伝統を大切にされているからこそ、聞き出せたまちへの想いを感じることができました。また、限られた時間の大切さと挑戦することの必要性、そして一つひとつの積み重ねが意識の変化に繋がり、まちづくりになっていくという大変貴重な話を聞かせていただきました。松尾さんありがとうございました!