公益社団法人 水口青年会議所 2018年度

 

広報研修委員会 基本方針

 

委員長 福田 弘樹

 

 我々メンバーは、このまちに住み暮らし、このまちで社業を営み、青年会議所活動を邁進するなかで人の心を動かさなければならない機会に遭遇することが多々あります。人の心を動かすには、伝える側の確固たる揺るぎのない想いを継続的に伝え行動することと相手の状況を見据えたうえで戦略的且つ効果的に行動し伝えることを兼ね備えなければなりません。我々メンバーは、このまちの活性化のため、青年経済人としての社業の発展のため、明るい豊かな社会の実現のために人の心を動かす必要があると考えます。

 

 本年度の広報研修委員会では、メンバー一人ひとりが自らを「研鑽啓発」し熱い想いや行動を継続的に効果的に発信し、このまちの人々のみならず我々を取り巻く多くの人々の心を動かせる存在に成長していただきます。まず、我々の情報と共に挑戦している日々の行動や運動成果を発信し、人々から期待を抱かれそれに応えることで、歩みを加速させ、さらなる挑戦へと繋がり多くの人々を先導する存在に成長します。また、青年経済人として一人ひとりが自分自身の熱い想いを的確に且つ明確に表現し伝えることに挑戦すると同時に受け手の立場も体験することで、その想いをさらに戦略的且つ効果的に人の心に響かせる技術、想いを身につけます。そして、千載一遇の機会に我々のこのまちへの想いと挑戦する姿を発信することで、このまちの人々に挑戦する勇気を与えます。その勇気を受けた人々が我々と共に社業・地域経済を活性化するにふさわしい資質を備えるため意見、情報を交換することで、新たな視点や発想力を養い、さらなる挑戦心を背中で見せます。

 

 「研鑽啓発」を積んだ我々メンバーは、挑戦心溢れる想いを的確に表現し伝え、人の心を動かします。その想いを受け取った人々が挑戦への歩みを初めます。その歩みに負けず我々がより一層高まる挑戦心を背中で見せ邁進します。その挑戦心溢れる青年経済人が青年会議所活動を遂行することで、このまちにおける組織の価値になると確信いたします。

 

 

 

 

 

〔事業計画〕

 

01.ホームページの作成及び運営

 

02.2月度例会担当

 

03.対外版広報誌「若鮎」発刊

 

04.9月度例会担当

 

05.未来を見据えた可能性広げるメンバー全員での会員拡大

 

06.甲賀湖南~絆~構想に基づくストーリー性のあるまちづくり運動の実践

 

07.積極的な会員の各種大会への参加