青年会議所とは

青年会議所は活動の基本を「奉仕」「修練」「友情」におき会員は「明るい豊かな社会を築き上げる」ことを共通の理想としています。
 また、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。

 

青年会議所(JC)って何?


 1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。現在、全国に711の青年会議所があり、約42,000人の会員が、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

 


 

三信条


 青年会議所は三信条と呼ばれる共通の行動理念があります。

● 奉仕
 まちづくり、ひとづくり活動を中心に「豊かなまち」を目指すには何をすべきか考え、青年らしく、概成概念にとらわれず強い団結力を持って、地域に貢献します。

● 修練
 メンバーは皆、自分の本業である仕事をし、リーダーシップはもちろんのこと、仕事の調整能力、スケジュールの管理能力など、自己修練し自分自身を高めていきます。メンバー自身が資質の向上をめざし、切磋琢磨しています。

● 友情
 苦労を重ねた事業ほど共に行ったメンバーとの友情は深まります。意見をぶつけ合い、涙して共に汗をかき、事業を現実のものへと作りあげます。そうして苦労して得た友人は一生の友であり、かけがえのない友人になります。

 


 

青年会議所の特性


 青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会に貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはまりません。この年齢制限は青年会議所最大の特徴であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。各青年会議所の理事長をはじめ、すべて任期は1年に限られています。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実績経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば政界では200人を超える国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です