公益社団法人 水口青年会議所 2021年度

ビジョン検証特別委員会 基本方針

 

委員長 松尾 幸治

 

 時代の流れと共に変わる環境があろうとも、我々が指し示す指針である「甲賀湖南~絆~構想」は決して揺らぐことはなく、本年度で5年目を迎えます。私たちがこのまちの更なる5年先を見据え、如何なる状況下においてもこのまちに展開する(公社)水口青年会議所の運動の進化を起こすためには、現状のビジョンが5年先でも揺るがない方向性を示していることに、全メンバーが他ならない指針であると自信を持つ必要があります。

 本年度、ビジョン検証特別委員会では、深謀遠慮をテーマに掲げ、過去の運動とこの先の未来を考察し、現状のビジョンがこれからも目まぐるしく変化していくであろう社会情勢の中でも、その変化を利用しながら我々がこの先起こしていく進化さえも包み込むことが出来る器の大きな指針であることに確固たる自信を築きます。そして、その結果を全メンバーと共有し、明確なものとして浸透させることで、どのような社会が訪れようとも臆することなく率先して行動を起こすことが出来る統率された組織構築へと繋がり、そこから展開される革新的なまちづくり運動の可能性を拡げます。また、我々の活動エリアである、甲賀湖南に対する運動の方向性を確立し、新たな5年先に向けた足並みを揃えます。

 明るい豊かな社会の実現。この壮大な理念に対し、より具体的な指針であるビジョンを掲げ、共有することは、この組織に統一感のある行動力を与えてくれます。ビジョンを検証し、全メンバーでそれを共有することは、55周年を目前に迎えるこの組織の舞台をより強固なものとし、積極的で前向きな姿から生み出される演出により甲賀湖南に歓喜を生み出すと確信いたします。

 

〔事業計画〕

01.新たな5年先を見据えたビジョンの検証

02.5月度例会設営及び例会行事の企画立案

03.創立55周年に向けたビジョンの確立

03.活動の成果を挙げ、魅力的な人材になることでの会員拡大活動

04.必要不可欠な関係性の構築

05.価値観の幅を広げる各種大会への積極的な参加

06.一体感を感じ、喜びを共有できる各種会議の実施

07.最大限に活動するための柔軟な組織運営