公益社団法人 水口青年会議所 2021年度

ブランディング委員会 基本方針

 

委員長 山下 慎司

 

 個性豊かな志高き先人は、より良いまちになるようにと切磋琢磨し、挑戦し続けることで、組織の魅力を地域に拡げてきました。しかし、時代の変化により、情報の多様化と共に青年層の価値観も細分化され(公社)水口青年会議所の存在が薄れつつあると考えます。だからこそ、青年層に属する我々が想いを形にするために、情報や魅力を余すことなく発信し、組織の価値を上げ、地域から欠かせない存在になる必要があると考えます。

 本年度、当委員会は新たな広報の仕組みを構築し我々の持ちうる魅力を意気盛んに発信し、組織のブランディングを行います。まずは、(公社)水口青年会議所の情報や魅力を伝えるためにHPを整えるとともに、SNSを利用し活動や運動を迅速かつ効果的に発信することで、地域と組織を繋げ我々の活気ある情報を伝播します。また、メンバーは組織の一員であることに責任を感じてもらい、地域の方には組織に期待感をもってもらうために、インパクトあるポスターを掲げ(公社)水口青年会議所を身近に感じていただきます。次に、メンバー自身が広報の中心素材であると自覚していただくために、メンバーの強みを分析し、一丸となることで一人ひとりの意外性を感じていただき、爆発的な拡散に繋げます。さらに、青年層である我々の想いや、(公社)水口青年会議所の存在意義を明確に伝えるために、本来の姿であるまちづくり運動の告知をし、今後の活動への参加を促し、組織の価値をより一層高めます。そして、これまでの活動で自ずと強い絆ができた我々は生涯忘れることない友となり、これまでの功績を称えると共に感謝を伝え、共に築き上げた想いを組織の新たな魅力として未来への展望へと繋ぎ、新たな門出へと送り出し今後に繋げます。

 (公社)水口青年会議所の魅力を余すことなく発信し続けた我々は、今まで以上に我々の価値も精彩を放ち、自己の満足だけに留まらず全世代に拡散され、誰もが憧れるJAYCEEとして必要不可欠な存在になると確信します。

 

〔事業計画〕

01.ホームページ及びSNSの運営管理

02.対外版広報ポスターの発刊

03.4月度例会設営及び例会行事の企画立案

04.対外版広報誌「若鮎」の発刊

05.11月度例会設営及び卒業式の企画立案

06.活動の成果を挙げ、魅力的な人材になることでの会員拡大活動

07.必要不可欠な関係性の構築

08.価値観の幅を広げる各種大会への積極的な参加

09.一体感を感じ、喜びを共有できる各種会議の実施

10.最大限に活動するための柔軟な組織運営