『鹿こうか深の誇たからりを探しに行こう』
~郷土のひとに愛 協働のまちに夢 誇りある鹿深をめざして~

 

         


40周年記念事業を開催するにあたり、まずは甲賀・湖南市民15万人を対象に、いかに地域の誇り探し事業にご参加をいただけるのかという点を議論しました。
地域のテーマを6つに分け、それぞれのテーマに賛同いただける団体、行政にまずはご協力をいただき、それぞれが意見を出し合いながら、テーマに沿った特徴を市民に広くアピールしていただくテーマパビリオンを設営していただく方法です。6つに集約するまでに、考えられる様々な住民ニーズや行政機能、活動団体の活動分野をリストアップした上で、それぞれをテーマごとに分類していき、事業の開催規模と照らし合わせた中で最適なバランスを考えました。

1)鹿深地域の新しい誇りを創造する   「鹿深の風パビリオン」
2)鹿深地域の食について考える     「鹿深の食パビリオン」
3)安心・安全のまちづくりを創造する  「安全パビリオン」
4)鹿深地域の風土について考える    「鹿深の風土パビリオン」
5)世代を超えた人と人のつながりを考える「世代間交流パビリオン」
6)協働によるボランティアについて考える「みんなの力パビリオン」