リアル謎解きゲーム「忍からのドラマティックな挑戦状」          シンポジウム 「地域資源を利活用したまちづくりについて」

 本事業では、二つのことを実行しようと考えました。一つは、「だれからでもひとりからでも参加できる場を作り出す」、そして、「たくさんある地域資源の有効活用」というテーマです。それで、まず、だれでも、ひとりからでも参画、参加できる場をつくり出し、まちづくり活動の場として第一部においてゲームを行うことにしました。このように考えたのは、まちづくりということについて市民の方とお話しすると、「難しい」、「私にはあまり関係ない」などネガティブな意見が多くあります。そこでゲーム作り、ゲームへの参加という形で実施することにしました。そうすることで、市民の皆様にまちづくりっていろいろな関わり方があり、しかも簡単に、そして楽しい、一人でもできるということをお伝えできたと考えています。また、ゲームの内容も、もう一つのテーマでもあります甲賀市、湖南市の地域資源をベースに市民の皆様が中心となって組み立てていただきました。つぎに、第二部では、たくさんある地域資源の有効活用という観点から、目玉となる地域資源を決めて、その地域資源に特化しました。それが、水口岡山城の活用です。そして、市民の皆様にわかりやすくするため、その活用方法を行政、専門家、実践、実行していているリーダーにシンポジウムという形でお話をお伺いし、今後の具体的なまちづくりに夢を描いていただき、まちづくりに興味を抱いていただけたと考えています。