2026年に向けたVISON

全ての人々が挑戦できるまち

「甲賀湖南~スパイラルアップ~計画」

 

甲賀湖南地域のみならず全国的な課題となっている人口減少・少子高齢化問題。

現実に目を向けると若年女性数の減少傾向や団塊世代が後期高齢者となることによる自然消滅により、人口総数の減少は非常に厳しいものと予測されます。この流れに歯止めかけ、このまちの活気を継続させるためには、自分たちのまちを良くしようと主体的に考える「活躍人口」を拡大させ、あらゆる人が地域とともに創る地域共生社会を実現させることこそが全ての人々が挑戦できるまちへとつながると考えます。

 

 これまで(公社)水口青年会議所は、地域内でのつながりを創り出す幅広いアクションを

起こしてまいりました。今後、このまちを持続可能なものにするためには、若者世代に対しアクションを起こしシビック・プライドを醸成させ、将来的活躍人口を創ること、さらには、様々なセクターを巻き込み、共感を得ることで即戦力活躍人口を拡大させていかなければなりません。

 

また、まちづくりを行う組織が持つ影響力とその組織が起こす運動による成果が比例関係にある中、(公社)水口青年会議所がその価値を更に高め、市民を巻き込みながら共にまちづくりを行う起点となることが効果的な地域構築の成果を生み出します。

 

そして、本組織はまちづくりの起点となり続けるために、自己研鑽をしながら成長していく必要があります。その成長が市民の大きなリアクションを引出し、更なる期待感を醸成させます。そして、その膨れた期待感に応えるべく更なる高みを目指す活力となる好循環を生み出します。

 

全ての人々が挑戦できるまちに向け、(公社)水口青年会議所と甲賀湖南が生み出すスパイラルアップにより、社会を築き上げていく2026年に向けたVISION「甲賀湖南~スパイラルアップ~計画」を提唱します。

 

 

 

【持続可能な組織構築】

●新たな価値観の創出・共有

このまちで挑戦できる新たな同志を迎え入れ、組織強化につなげる必要があります。多様な価値観や視点を持ち、影響力のある会員同士の連続的な化学変化を起こし続けることで個人の成長=組織の成長につなげていこう。

 

●時代に即した柔軟な組織運営

組織内での閉塞的な活動を見直し、開放的で市民からの認知に繋がるような透明感のある活動を行う必要があります。この組織の歴史や伝統を十分に重んじながらも、不便・過剰な規制や複雑な仕組みがイノベーションを阻害し、メンバーの学びを損なわない時代に即した組織運営を見つめ直そう。

 

●地域をけん引する経済人の育成

青年会議所活動が会員個々の成長に直結する組織構築が必要です。そのために組織の魅力を高めていき、誰もがまちづくりに対して主役となれるような影響力を蓄えていくことで、地域から必要とされる人材の育成を行っていこう。

 

 

【持続可能なまちづくり】

●若者世代の育成

持続可能なまちにするためには未来への布石を打つ必要があります。このまちの未来を担う若い世代がこのまちを活気付ける始点と考え、郷土愛を醸成していくことで、Uターン者も視野に入れた将来的な活躍人口を創り出していこう。

 

●他団体、企業との協力体制の構築

行政・自治体・市民活動団体・学校・企業などとの継続的な協力体制を構築する必要があります。そのために他団体・各企業を巻き込み先導して活動する力を価値とし、これまでの関係性だけにとらわれない新たな活躍人口の拡大に繋げることで、我々青年世代がこの地域を牽引していくことを示していこう。