人財交流委員会 基本方針

委員長 山本 善重

 仲間と同じ時間や空間を共有し切磋琢磨することで仲間との絆は固くなり、固い絆で結ばれた多くの同志によって活動を続ける組織は大いに存在感を発揮することができると考えます。会員数の減少と密接なコミュニケーションが取りづらい状況が続いてきた中で、これから幾つもの固い絆を醸成するためには、新たな同志を迎え、互いを理解し刺激し合うことができる、より強固な関係性を構築していく必要があります。

 本年度、当委員会では、「友は力となり財となる」をテーマに活動していきます。これまでの組織や自身の活動を振り返り組織への誇りを醸成し、会員減少による組織の存続危機を真摯に受け止め、自ら率先した行動を起こすことでメンバー一人ひとりの使命感を生み出すと共に、新たな同志を迎えるための取り組みを実施します。まずは、新たな同志を迎えるための取り組みを続けてきた成果を通じて、この先の会員拡大活動に向けての目標を掲げ、楽しみを共有しながらメンバー間の信頼関係をより深くし会員拡大活動への意欲を高めていきます。そして、新たな同志が加わり個性が溢れる組織となった(公社)水口青年会議所のメンバー一人ひとりの個性を結集させ、互いに刺激し合い信じ合える関係性を築き、一体感を持った組織へと繋げます。さらに、卒業していく同志が青年会議所活動で培ってこられた想いを受け継ぎ、感謝の想いを伝えることで、これまでの活動を共にした我々は、卒業後も途切れることのない生涯の友となります。

 固い絆で結ばれ力を発揮した我々が、共に生み出した財を一人ひとりの活力の向上へと繋げていき、これからも行動し続ける限り(公社)水口青年会議所は成長し続け、明るい未来が拓けることを確信します。

 

 

〔事業計画〕

01.新入会員セミナーの設営

02.6月度例会設営及び例会行事の企画立案

03.9月度例会設営及び例会行事の企画立案

04.11月度例会設営及び卒業式の企画立案

05. 創立55周年記念式典関連事業の実施

06. 創立55周年記念事業の開催

07.自らが甘えを絶ち、行動を起こす青年会議所活動の実施

08.自らの長所を発揮し、協働をする人財拡大活動の実施

09.新たな視点を創り出す各種大会への積極的な参加